なんとなく「NPO法人を設立するといいことがある」と、ご存知だと思います。でも、それとは反対に「いいことがあるのは分かるんだけど具体的にどれぐらいいいことがあるのかは分からない」とも思っていませんか。そこで、この記事ではNPO法人のメリットを整理し、まとめてみました。
135881

1.個人より社会的信用がつくりやすい
個人や任意団体(ボランティア団体など)と比べると、所轄庁の認証を受けているので社会的信用を作りやすいメリットがあります。

ただ、「社会的信用を作りやすい」と書いてあるとおり、あくまでも作りやすいだけです。NPO法人が個人や任意団体よりも社会的信用が必ずあるというわけではありません。個人でも任意団体でも多くの人から応援され社会的信用を持ち、社会・地域で活躍している人・団体は様々存在します。

その、社会的信用を生み出しているのが「活動」です。そのため、NPO法人だから社会的信用があると油断することなく、しっかりと活動していくことが信用を生み出す一歩になります。

2.団体名による契約や登記が可能

任意団体(ボランティア団体)の場合、個人名でしか契約を行うことが出来ません。例えば、不動産での賃貸契約や銀行口座の開設ですね。それに対しNPO法人なら、団体名(法人名)で不動産の賃貸契約を行うことが出来ます。

3.事業委託や助成金を受けやすくなる

行政からの事業の委託や助成金は、対象を「法人」に限定していることが多いです。そのため、NPO法人を設立することによってそれらが受けやすくなります。

ただ、NPO法人を設立=事業委託を受けられる。助成金を受けられる。というわけではありません。あくまでも対象になっただけです。なので、いかに自分の団体に事業委託を任せるべきか、助成金を助成するべきか、積極的に活動しアピールすることが1つのカギになります。

もちろん、事業委託や助成金を受けるのが本来の目的ではないはず。ですから、目的を見失わず、本来のミッション・活動を行った上でのアピールと常に意識しなければなりません。


4.寄付金が集めやすくなる

非営利、公益目的であることから寄付金が集めやすくなります。これが、株式会社ではそうはいきません。「私達はこの活動をしたいから寄付を下さい」と言っても寄付金は集まりにくいですよね。(その活動が社会貢献目的のケースを除きます)

なぜなら、株式会社の目的は「利益の追求」だからです。その点、NPO法人は社会のため、地域のための活動なので、寄付金を集めやすいのです。

しかし、上記の「事業委託、助成金」同様に、必ず寄付金が集まるというわけでもありません。寄付金を集める理由・その活動で社会に与える結果など、全てを含めた趣旨を伝え、賛同をいただく必要があります。ただ、寄付金を下さいと言っても集まるはずがないのです。

だから、団体の活動も伝えながら、寄付の趣旨をきちんと伝えていくのがポイントになります。もちろん、その寄付をいただいて活動を行った結果、社会にどのような影響を与えたのか、きちんと報告するのも重要です。さらに、寄付金(物資含め)がどれぐらい集まり、どのように寄付を使い、どれぐらい残った・残らなかったなど、いわゆる収支報告も合わせて行うことをオススメします。収支報告を行う団体と、行わない団体、この点だけで言えば「どちらの団体が信用できるか」と比べてみると、答えは一目瞭然ですよね。

今後応援してもらうためにも、報告は必須です!!


まとめ

この記事ではNPO法人のメリットをお伝えしたのですが、いかがだったでしょうか。このメリットの一覧を通して見てみても、やはり大事なことは団体自身の活動とそれを伝えていくことだと分かります。

いかに、しっかりと活動し、その活動・ミッション・想いを発信していくか。これに尽きます。例えば、団体が素晴らしい活動を行っていようが、それが伝わっていなければ賛同を得ることは出来ません。それとは反対に、伝えていることは素晴らしいのに、いざ活動を見てみると中身が伴ってない。この場合は信頼を落としてしまいます。しっかりと活動し、なおかつ発信する。NPO法人のメリットを活かすためにも、活動と発信をセットで行うのがオススメです!!
120184